ワイドトレッドスペーサー

High Quality Wide Tread spacer
ワイドトレッドスペーサー
最高の素材、最高の技術を集結。

REAL製品は最高の材質、最高の製作技術を用い、車輌・メーカー別に専門設計された製品です。
妥協することなく開発されたREAL製品は、かつてないほどのパフォーマンスを発揮します。 製品本体にはJIS(日本工業規格)規格合格材を使用し、ジュラルミン材(A2017S)を使用した製品は表面にアルマイト加工を施し事で耐腐食性が向上。更に硬質アルマイトを施してた製品は表面硬度をもスチール並みにUPさせています。スチール材(S45C)を使用した製品には耐腐食性を向上させるメッキ処理を施しました。

1993年からの販売実績。
累積販売数18万セット以上のヒット商品。
ワイドトレッドスペーサーという名称は、いまでは製品カテゴリーとして定着していますが、始まりはKSPの製品名として生まれたそれがの始まりです。 以来、「素材・寸法・技術」すべての項目において、ワイドスペーサーのパイオニアとして蓄積された長年のデータに基づき、一切の妥協を許す ことなく製作された逸品として誕生した製品、それがワイドトレッドスペーサー「REAL WIDE TREAD SPACER」です。
純国産材の中でもJIS規格検査合格素材を使用
一般的にスペーサーには「合金」が採用されています。各金属が一定の比率で混ざり合う事で更なる強度を保持する合金となるわけですが、日本で一般的な品質基準として採用されているのがJIS(日本工業規格)規格です。強度検査を行っていない海外製素材は見た目では分からない成分のバラつきがあり、強度に不安定さがあります。当社では安定した強度を確保するために妥協することなく、純国産検査合格素材を使用しています。
ジュラルミン素材にはアルマイト加工で耐腐食性向上
ジュラルミンは高強度なアルミ合金なのですが、長期的にみれば金属故の腐食も発生します。REALワイドトレッドスペーサーはアルマイト加工を施す事によって製品表面に皮膜を形成。この皮膜が腐食物質からスペーサーを守ってくれる事により、耐腐食性が飛躍的に向上しています。中でも硬質アルマイト加工を施した製品は、スチール材同等の表面硬度をも獲得しハイエンドモデルに相応しい性能を獲得する事に成功しました。
培ったデータによる適正寸法
このREALワイドトレッドスペーサーは、一般公道よりも負荷のかかるレースや競技の世界でKSPが長年培ったデータに基づいた適性寸法にて製作しています。 また、製品外径を小さくすればコストを抑えることは可能ですが、スペーサーは接地面積の大小はスペーサーの実質的強度に関係してきます。 当社ではP.C.Dに応じて適切な面積を確保し、スペーサーの内径を車種専用に設計、精度と品質に拘った製品をご堪能下さい。
安定・安全性の確保
高精度機械にて製作、その外径を適正なサイズで専用設計することで、長期間使用しても問題ない信頼性と安定性・安全性の 確保を実現しています。故に販売開始当初より「装着上の不備無く」破損した事例は皆無です。

純国産ジュラルミンA2017S材を採用

専用設計のハブセンター

車両別にハブセンターを一体型削りだしにて製作することで、回転軸のズレを最大限に抑制。より高精度な取付けが可能に。

高品質ハブボルトを採用

国産車輌ワイドトレッドスペーサーに採用するハブボルトはJIS規格材S45Cを採用を採用し適正な焼き入れ処理を施したKSPオリジナルハブボルトを採用。

超硬質アルマイト採用

超硬質アルマイト加工を施すことにより、スチール並みの表面硬度と高い耐腐食性を備えています。一般的なアルマイト処理と比較した場合、その皮膜厚は数倍を誇ります。

材料検査成績書

KSPでは厳選された最高の素材の安定供給を可能としています。必要に応じて材料検査成績書を取り寄せ、その材料が当社の厳しい基準に適合しているか、常に管理しております。
ワイドトレッドスペーサー 知っておきたいこと ワイドトレッドスペーサーはホイールを外側にオフセットさせ、フェンダーと「ツライチ」とするスタイリッシュアップとトレッドを広げることで得られるコーナリング性能のアップや、スタビリティの向上等様々なセッティング可能です。
REAL 車輌別ワイドトレッドスペーサーは適正な動力伝達を確実に行えるよう、長年蓄積されたデータに基づき製品の直径をP.C.Dに応じて適正な寸法で製作しています。 ブレーキローターとホイールとの間に装着されるスペーサーは、その接触面積の大小が実質的性能に直接関係してきます。 接触面積が大きい場合は、車輌の駆動伝達が広い範囲に分散されますが、小さいと狭い範囲に力が集中し面圧を保持することが困難になります。結果的にハブボルトの破損等の重大なトラブルを招く場合があります。
安全面を最優先に考慮したREALワイドトレッドスペーサーは考えぬいた寸法で製作しています。国産車用スペーサーのハブボルトは「圧入方式」を採用、高精度で製作されているため、各方面より高い評価を頂いております。 ハイパワー車や重量級車輌にご使用の場合でも、長期間安心してご使用いただける信頼性を実現しております。

スペーサー外径寸法の重要性

エンジン出力・車重負荷・ブレーキ制動力・曲がる際の遠心力、これらをタイヤホイール伝達しているものは全て「静止摩擦力」です。
スペーサーを装着した際に、この摩擦力を低下させてはなりません。
摩擦力を維持する為に必要な表面積の確保とは、製品の直径(外径)の確保にあります。
また、直径の小さすぎるスペーサーは車輌に必要な摩擦力を確保し続ける事ができないばかりか、装着ホイールの接触面の構造によってはホイールの強度を支える部位にスペーサーが接触せず、予想外の事故を招く原因ともなりえるため外径寸法は重要な項目となります。
a